楽に生きるヒント

私が実践した、正しい部活の辞め方を公開。【心配無用です】

こんにちは。高校時代に部活を辞めた男、simaです。

4月から新入生で部活に入った人も多いと思いますが、
今回は「入ってしまったけど、辞めたいなー。」「他にやりたいことができたなー。」と思っている人に私の実体験を踏まえて書いていこうと思います。

参考にならないかもしれませんが、ヒントくらい掴んでくれたらうれしいです笑。

私が部活をやめたワケ

まず、私が部活動をやめた理由についてお話したいと思います。

やめたのは高校の時の野球部です。2年生に上がる前にやめたので、1年間も在籍していなかったです。野球は小学校3年生から約8年間やっていました。中学時代は都大会とかでて本気で取り組んでいました。

過去にも辞めたいなと思ったことはありましたが、ただ、練習日が多かったり、練習時間が長いので自由な時間がないからという学生らしい理由でした。

それでも高校に入ってからも本気でやろうとおもってました。しかし、入部して早々、そこで本気で辞めたくなる理由ができてしまいました。それは、

他の部員との関係が良くなかったからです。

実は、私は途中から入部いたしました。だいたい、夏休みが終盤あたりだったと思います。

それは、前に別の高校に通っており、諸事情で転校してきたからです。途中入部だったこともあり、練習も人一倍やっていました。

その結果、入部早々に試合に出れるようになりました。選手としては最高のスタートですが、部員としては最悪の結果を導いてしまいました。

先輩から目をつけられる

さすがに入部1~2週間のやつがいきなり試合出てたら、いいと思わない人も出てきます。それが先輩部員たちですね。

私も努力しているとはいえ、全然上手くはなかったんですけど、顧問の先生が認めてくれたので試合に出場できたわけです。ありがたいとはいえ、そういう状況になるなら正直、出たくはなかったですw。

 

まあ、出るからには一生懸命プレーしましたよ。けど、ミスをすると冷たい視線を送ってくるので、ベンチを見ることができませんでした(・・;)

同学年から無視される

 

先輩は仕方ないとして、同学年は引退まで一緒にやろうという’仲間’だと思って「ました。」
しかし、すでに自分に仲間などいないことに気が付きました。それは部員から避けられているようでした。

 

これは私の推測ですが、先輩の一人にボス的な中心人物がおり、その人がひどく私を嫌っておりました。また、その人に歯向かう後輩なんていませんから、その人が裏で指示をしていたのでしょう。

 

理由として私が野球部を辞めて、1年くらいが経ち、先輩が卒業していったころから話しかけられるようになりました。まあ、しょうがいないといえばそれまでですが、あまり心地良い気はしませんでした。

 

そんな状態が半年以上続き、思いっきって部活を辞めることを決心しました。

具体的な辞め方とそのポイント

 

私が実際に辞めるためにしたことを書いていきます。

親には「直接的には」辞めたいなということ言わない!


やはり、親には辞める旨を伝えたほうがいいのですが、あまりガッツリ話し合わないほうがいいと思います。
理由としては

 

・心配してしまう。
・本人の感情が辞めたい方向に向かっているので、話を大きくしがち。

この2点だと思います。

親はやっぱり人間関係等のトラブルを心配しがちの傾向があると思います。あまり大事になると親が学校に介入してくるので、部活を辞めてから本人が学校に居づらい環境を作ってしまう可能性があります。

 

また、本人は是が非でも部活を辞めたいので、ついオーバーに話してしまうことがあります。これは1つ目の理由につながり、事態が大きくなってしまうので、注が必要です。

顧問にも相談しない!


意外かもしれませんが、顧問に相談することは、絶対的な信頼がない限り、辞めた方がいいと思います。

なぜなら長い時間をかけて説得されて辞めないように仕向けるからです。私の顧問もそうでした。

やめる旨を伝えに行ったときは「辞めてどうするんだ」とか「辞めないで頑張るのは素晴らしい」など言われました。そんなの自分からしてみれば、意味のない言葉でした。私が「勉強に専念するため辞めます」と言ったら鼻で笑われましたよw。

最終的には顧問には、

「辞めるなら辞める理由を部員全員の前で話せ」

と言い始めました。そんな「みんなが無視するから辞めます。」とはいえませんよねwww。

学校だけではなく、日本のブラック企業でもそうですよね、

「辞めても次の仕事を見つけられない」
「頑張ればいいことがある」

とかよく聞きますよね。

 

あれって、学生時代からインプリントされているものだということに気が付きました。
世の中恐ろしい。。。。笑

 

周りの反応と辞めた後

1年生の3月に無事に辞めることができました。学生時代のほとんどの時間を野球に費やしていた私が自由になった瞬間です。

 

野球坊主だった私がいきなり辞めたので、昔からの友人には理由を聞かれますが、それを話す度にダメージを食らってしまうので、テキトーにはぐらかしたほうがいいですww

 

辞めた後に野球部ではない友達に「辞めてよかったね。」と言われました。理由を聞いてみると、その部活のボス的だった人はどうやら他の部活の人からもよく思われていなかったようです。

 

また、ここ数年ぶりに自由な時間ができたので、友達と遊んだり、家族で旅行に行くこともできるようになりました。急にファッションに目覚めだして、毎週のように原宿に行っていたのを懐かしく感じます。笑

 

いろいろ変化はあったのですが、一番は気持ちが軽くなったことです。悩みがすべて消えたまではいきませんが、すごく楽になりました。今までの感情は何だったのだろうと思うほどです^^;

 

というわけで、部活動をやめてもなんとかなるので、もし悩んでいる人がいれば私が後押しいたします!
辞めて直後はなんだか気持ちの整理がつきませんが、時間が解決してくれます。本当にやりたいことをやってください。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。