楽に生きるヒント

長期の目標設定をしても意味がなくなるワケ【細かく分けて考える】

こんにちは。sima(@sima199407)です。

目標が決まらない人
目標が決まらない人
5,10年後の目標に向かってやるのがいいと思っているが、
その目標が見つからない。
ましてや今年何をすればいいかわからない。

そんなこともあるかと思います。

目標を立てるとき気をつけていることがありまして、
その内容について以下のようなツイートしています。

目標を決めるときに気をつけてほしいのは
この先どうなるかは自分が思っているよりも変わるということです。

半年後の予想も難しいですし
ましてや来週のどうなるか分からないです。

不安に思うかもしれませんが、
「今よりも良くなるように行動している」
と思えば楽しくなるなるのでオススメです😊

上記の通り、コツとしては「今できることをやる」だと思います。

当たり前のことですが、この考えが一番シンプルかなと感じて日々行動してます。

そのことについて今回お話していこうと思います。

今回のポイントは

・人の心は変わりやすい
・長期目標は見栄えがいい
・「変わらない」軸とは?

それではみていきましょう。

人の考えは変わりやすい

Minimalist stile red airplane changing direction and white ones. New idea, change, trend, courage, creative solution, innovation and unique way concept.

突然ですが、あなたの5年前の目標ってなんでしたか?

覚えている人、忘れている人、そもそも目標を立ててない人いるかと思います。

今と比べてみて同じ目標の人って少ないんじゃないかなと思います。

じゃあ、3年前の目標なら同じかというとそうでもない気がします。

ちなみに僕が5年前、大学1年ときに立てた目標が

「安定した職につく」という感じでして、

この目標ままいったらフリーランスなんてやってません。笑

自分の目標を長期で立てるのは難しく

またやりたいことが変わってくると目標を変更せざる得ないことがあります。

長期の目標を立ててしまう理由

では、長期の目標を立ててしまうのか。

それは「長期のほうが高い目標を立てられる」からです。

つまり、見栄えがいい目標を考えるなら長期で立てるのが向いているからです。

「今月ブログで1000円稼ぐ!」などより

「3年後には外注ライターを雇って記事を更新し、売上を200万にする」の方がかっこいいじゃないですか。笑

目標は自分が憧れるものなので、

カッコいいものになるのは自然なことです。

そしてこれを「どうやって達成するのか」という考えが必要になってきます。

見栄えがいい目標は「逆算」すること

遠いことを考えながら行動するのって難しいんですよね。

例えば、

見栄えのいい目標

ブログで月収100万にする。

フリーランスエンジニアとして海外ノマドを目指す。

というのがある場合、

これだけを目標にしても「どうやればそこに行くのか」を考えてないわけです。

ですので、

長期の目標と目指すべき目標

ブログで月収100万にする。
→(目指すべき目標)今日1記事書く

フリーランスエンジニアとして海外ノマドを目指す。
→(目指すべき目標)個人開発をして自分の実力を上げる、リモートできる案件を見つける

細かく分けたときの目標を考える必要があります。

あわせて読みたい
新卒でリモートワークエンジニアをしてみた結果【通勤からの開放】こんにちは。エンジニアのsima(@sima199407)です。 現在、ブログやSNSで発信しつつ 週3でリモートエンジニアとし...

【余談】10年後以内にありそうなこと

よく「10年後に残っている仕事は?」みたいな話が話題になりますが、

予測してもなかなか当てるのは難しいですよね。

逆に今までなかったものが生活の中心になることがよくあり、

その代表がスマホだと思います。

スマホがここまで普及してのもここ5〜10年の話でして、

ガラケーからスマホへ変わるときはやれることが多すぎて使い方に困ったのを思い出します。

今後は仕事をしない時代?

「AIが何でも仕事を奪う」みたいな話がありますが、

半分正解だと思います。

AIコーディングとか、自動運転車とか、今のある仕事がなくなるのは当然あります。

「仕事がなくなったら生活はどうなるのか?」

というのも議論が出ていますが、

AIが仕事をしてくれるなら人間が仕事をする必要がない時代が来るかもしれませんね。

「目標」は持ったほうがいい

今までの話が矛盾しているようですが、目標はあったほうがいいです。

それは見えないゴールまで走るのはしんどいと思うからです。

例として
マラソンだと考えれば「42.195km走ればいい」

という区切りがあるから自分の現在のポジションを確認できます。

また、目標の持ち方にポイントが2つあります。

目標の目安

・長くても1年先くらいまで
→短すぎず、長すぎず

・変えることも可能
→どんどんアップデートしていく

目標というのはゴールを作るというよりもチェックポイントと考えるのがいいかもしれません。

ポケモンでいうと、

四天王を挑戦→目標

ジムリーダー戦→チェックポイント

という感じです。笑

目標を変えるのもアリだと思っていて、またゲームで考えると

ポケモンをプレイしていても他のゲームに挑戦したいならやればいいと思ってます。

人生は「すべてクリアしてからやるべき」というルールはないですから。

目の前のことをやった先には?

何度も言いますが、「目の前のことやること」がいいです。

目の前にやることで、「小さな成功体験」が生まれます。

今日記事を書く→ちゃんと書けた(目標達成)

これを積む見重ねることで階段を作って、上の(長期の)目標につながるということです。

ただ目の前をやりながら本当に「この先に行けばいいのか?」確認しないといけません。

確認しすぎてもちょっと前に進まないし、

確認しないと合っているかどうかも心配です。

といっても完璧な道ってあるかどうかも分からないですし、

もし、違う道に行ってもそこがベストな場所である可能性もあるので、

自分を信じて行動するべきかなと思います。