僕が1年半でフリーランスエンジニアになった方法
楽に生きるヒント

お酒が飲めない人の断り方!私が考える3つの方法!

こんにちは。世代最強クラスの下戸のsima(@sima199407)です。

下戸(げこ)=お酒が飲めない人。

大人になると食事会や飲み会に誘われることが出てくると思います。そこで問題になってくるのが、「お酒を飲めない人の振る舞い」です。SIMAがいつも苦労するところです(*_*)

いや、「いくら飲んでも平気です!」みたいな酒豪の人はいいんです。それで楽しんでくれるのは。大変なのは、私のようなお酒が苦手or飲めない人です。飲み会ではいつもどう飲まないを考えております。笑

なので、今回は私が数々の飲み会で実践してきた、「極力飲まない方法」を紹介しようと思います!

 

お誘いを断ることが一番友好的な方法だと思いますが、性格上、「何度も誘いを断るのは忍びないと思ってしまう」+「話すこと自体は好き」という方にオススメです(=´∀`)

最初に公言する

 

これは忘れてはいけませんね。

まず、相手に「自分は飲めない」ということを伝える必要があります。これは相手への配慮とともに自己防衛にもなります。

そもそも飲めない体質の方が無理して飲んでも周りに迷惑がかかるだけです。

また、「自分が飲まないことで相手が気分を悪くしてしまうのではないだろうか。。」と考える必要もありません。大抵本人の思い込みに過ぎませんから(。-∀-)

もし飲まないだけで気分を害してしまうようであれば、まだいい関係を築けてなかったのかもしれません。

食べる専門になる

 

居酒屋に行くと最後に料理が残ってしまうことがあります。これは、みんな飲むのを優先して、あまり食事に手をつけないからだと思います。

そこを利用しましょう!笑

食べることに集中すれば、周りから「お腹すいているだろうな」という認識されるので、誰も止めません。

また、遠い席の人にもあの子なら食べてくれるだろうということで「こっちの料理もいる?」とお声がかかります。それの連鎖が生まれます。

そうすることで、お酒は飲まずにご飯も残らずにもちろんお腹がいっぱいになる。実に合理的です。笑

居酒屋などの料理は味付けが濃く油を含む料理が多いです。翌日の胃もたれに気をつけてください笑

[裏技]先輩にパスする!

 

これはあまり使いたくない技ですが、どうしてもお酒を飲まないといけない状況になってしまったら、一口だけ頂いて、あとは誰かにあげましょう。笑

飲み物がぬるくなる前にあげるのが親切な気がします。あとはウーロン茶でも頼みましょう(。-∀-)

瓶ビールの時は注ぎに行くことも回避策としては有効ですね。好印象で株も上がるかもしれません。

注ぎに行くと「お前も飲め」と言われるかもしれません。そんな時は「ビールは苦手なんで」と言っておくのがいいかもしれません。

まとめ

 

上記をまとめると、

飲めない人の心得
  • ちゃんと飲めないことを言う。
  • ご飯を食べる。
  • 人が飲むのをアシストする。

という感じで覚えておけば大丈夫でしょう!

では、皆さん楽しい飲み会(食事会)をお過ごしください(=´∀`)

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連のある記事