WEB・仕事

新卒からパラレルワーカーになるのは可能【副業を積み重ねる】

Businessman with multitasking and multi skill vector.

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

今回は新卒で複数社と契約し、パラレルワーカーになれた話をしたいと思います。

新卒で悩む人
新卒で悩む人
ん?新卒で複数社と契約?どういうこと?

という感じかと思います。

ここでのパラレルワーカーというのは、

フルタイムで複数社で働いているわけではなく、

曜日ごとに仕事を変えているというイメージです。

以下のツイートのような感じです。

【新卒パラレルワーカーの働き方】

週2で企業でLP制作とwebマーケティングを考え、

また週2でベンチャー社長と新規事業の開発、立ち上げを行い、

土日は受注されたwebサイトの開発とデザインを作り、

残りの時間でブログを書く。

こんな風に働きたいですか?

割と辛いですよ?

けど楽しいですね

よくあるのは

フルタイム+土日副業or仕事の終わりに別の仕事

というイメージですが、僕の場合、

副業①+副業②+副業③

という感じでして本業不在状態です。笑

並行して業務が進行している形からパラレルワーカーかなと自分では思ってます。

今回は、

・なぜこんな働き方になったのか?

・誰でもできることなのか?

・メリット、デメリット

ということについて話していこうと思います。

新卒からパラレルワーカーになるのは可能

Young attractive smiling student showing thumb up outdoors on campus at the university. Selective focus

結論として、このような「新卒パラレルワーカーは可能」だと思います。

すごいスキルが必要に見えますが、僕のスペックは

少しプログラミングできる→学生時代から実務経験を積む

マーケティングにも知識あり→経営学部出身+ブログ運営

多少体力ある→週3〜4で運動※ここも大事です

という感じでして、まだまだなものですね笑

それでも上記のスキルを活かして稼ぐことはできます。

なんでこんな働き方になったのか?

すこし昔話になってしまいますが、このような感じです。

大学3年生のときに就活を疑問を感じ始め、4年で派遣エンジニアになってフルタイム勤務を経験。

その後適応障害を発症させたが見事復活し、「自由になりたいから」という理由でフリーランスエンジニアを目指しました。

フリーランスエージェントに面談したりする中で「自分で理想の働き方見つけないとダメかも」を悟ってしまいます。笑

ということで、「週2〜3の案件を2つ持てばいいんじゃない?」と探し求めた結果、このようなパラレルワークという形になりました。

この働き方のメリット

パラレルワークのメリットは以下の通り。

ここがメリット!

①飽きない
→パラレルワークは1週間の間に仕事をする内容、場所が変わるので新鮮さが長続きします。
また作業を忘れないためにも、次来るとき用の「やることリスト」を作っておくといいかもです。

②スキル伸び悩みを改善
→複数のスキルを伸ばすことができます。「既存のスキル×伸ばしたい分野」などを組み合わせることで希少価値を上げる
がっつりやるならフルタイムのフリーランスに参画はアリ。

③触れ合う人の幅が増える
→これは本当に大事です。一つのコミュニティに所属しているときより、見える形、チャンス、知識が増えると思います。
上場企業とベンチャーとか「ギャップがある部分」、「共通している部分」を見つけると面白いです。

という感じです。

あとは一つに依存していないので、

一つダメになったときに支えてくれるものがある。

ということでして、フルタイムよりこっちの方が安定的?と思うことがあります。

新卒でパラレルワーカーになるには?

方法はいくらでもありますが、僕が使った方法これです。

①時短系、副業系のサイトに登録

副業系サイトに登録
→求人サイトというより、シューマツワーカーワースタのようなサイトに登録

派遣会社に登録
→※スマートキャリアなどの時短系の派遣も登録しておくべき

②自分のことを知ってもらう

ブログ、Twitterなどで情報発信
ブログのやり方を紹介してます。

・(技術系なら)ポートフォリオを作る
→他の候補者と差別化しやすいです。

【関連記事】
エンジニアの私がポートフォリオサイトを作成した理由【スキルの見える化】

情報発信が重要な理由として、継続して発信していると、ツイッター、ブログ経由でお仕事をいただけたりするからです。

さらにそういった紹介を受けてもらった仕事は世の中には出ない優良なものが多いです。

ラッキーな部分もあるけど不可能ではない

People with funny and happy emojis illustration

新卒パラレルワーカーになるうえでノースキルでやったわけではなく、

学生時代からエンジニアインターンをやったり、派遣エンジニアとして業務したことで新卒からこういったことができたと思います。

これは早めに「スキル取得」ということに力を入れた部分が大きいですが、

かといってレベルが高いものではないかなと思います。

スキル:30%、行動:70%

という感じかなと。

低スキルだと衰退すると言われますが、どこまでのレベルになればOKなのかを考えるより、考えている間に行動するべきです。

行動した結果、足りないかどうかが分かるので、一回痛い目に合ってから対処法を考えるのが近道だったりします。笑

既存のモノを真似してもできない

働き方を考えると

・就職
・起業
・フリーランス

などという形で考えるかと思いますが、

それだけではなく、「自分が働きやすい形」を考えて行くべきです。

それはまだ世間では認知されていない働き方かもしれませんが、これからの時代を生きるためには必要な考えだと思います。

ぜひ自分の形を見つけることを探してみてもいいんじゃないでしょうか?

僕の方でも相談などで出てきた質問をブログやツイッターで回答していますので、

ぜひ「@sima199407」にツイートしていただければと思います。