僕が1年半でフリーランスエンジニアになった方法
裏話

無料スマホアプリ経由でsuicaクレカでチャージしてポイントも付ける、裏技!

こんにちは。simaです。

皆さんはよく電車やバスに乗られますか?私は電車通勤なので、毎日乗ってます。

その時に必要になるのが、そう。

Suicaです。

地域よってはICOCA(関西)だったり、nimoca(福岡)、manaca(名古屋)という名前の交通系ICカードです。

出典:全国で相互利用開始、交通系ICカードで得するワザ 

この電子マネーを使っているのですが、私はiPhoneに入れて「モバイルSuica」として使っています。

いちいちカードを持ち歩かなくていいので、非常に便利ですね^_^

また、モバイルSuicaなので、駅の券売機でチャージするのではなく、クレジットカードでチャージをします。

なので、家からでもチャージすることのも可能で、改札前で残高不足で引っかかってしまうことはありません。

しかし、こんな便利なモバイルSuicaにも弱点があります。

それは、「クレジットカードのチャージでポイントが貯まらない(一部カードを除く)」ことです。これって結構大きいですよね。

しかし!今回この悩みを解決する方法を見つけてしまったのです!

月に1万円はチャージする私にとって実に画期的な方法だったのでここに書いていこうと思います。

ふつうのクレジットカードじゃ、ポイント付かない?

私のメインクレジットカードは「楽天カード」になります。

人生で初めて作ったカードで、早5年目の付き合いです( ´ ▽ ` )

ポイントの貯まりやすさ(還元率1%+ボーナス)やedyのオートチャージが出来るので便利な一枚です。

ただ、モバイルSuicaをチャージする時にはポイントが付かないことが判明し、ショックでした(°_°)

電子マネーのチャージでのポイントが付かないカードって意外とあるみたいですね。。。
どうにかしてポイントを付けられないかと調べたところ、優秀なクレジットカードありましたよ( ̄∀ ̄)

 

それが「veiwカードシリーズ」です。
これはJRが発行しているクレジットカードでオートチャージにも対応しております。

これがあれば、改札で止められることはありませんね。「そんな情報は知ってるよ!」というあなた。

わかっております。私が伝えたいのはそんなよくある情報ではありません。

ちなみにsimaはviewカードの審査に2度落ちてます笑。多分クレジットカードを大量に発行しているからだと思います。仕入れで必要なので仕方ありませんが。。。

”Kyash”からチャージする。

結論から言うと「kyash」というアプリを経由してチャージすればポイントがつきますよ!ということです。

「Kyash」とはスマートフォンアプリでご自身のクレジットカードを登録すると個人間の送金ができちゃうアプリです。

このアプリはいろんな場面で活躍してくれます。

  • ネットショップでの買い物
  • 飲み会の割り勘
  • 離れた家族への仕送り

などこれからの活躍が期待されるアプリです。

実際のやり方を公開!

kyashをダウンロードする

Kyash - ウォレットアプリ

Kyash – ウォレットアプリ

無料posted withアプリーチ

クレジットカードを登録する

ダウンロードできたら、基本情報を登録してください。Facebookでのログインをすると記入する欄が省略できますよ(^^)

 

登録できたあとの画面。「自動チャージ」と書かれた場所をタッチするとクレジットカードの情報を登録ができますので、そちらからご自身のカードを登録してみましょう。

登録を終えるとkyashヴァーチャルクレジットカードが発行されます。(画像の白く文字を消してあるところです。)これをsuicaに登録します。ここを間違えるとポイントが付かないことになってしまいます!

 

次にモバイルSuicaでの作業です。

クレジットカードを登録する

モバイルSuicaの「チケット購入 suica管理」をタッチします。それからsuica管理の欄の「登録クレジットカード情報変更」をクリックしてkyashヴァーチャルクレジットカードを登録します。

 

(入金)チャージをする

最後にsuicaにチャージしてみましょう。

「入金(チャージ)」をタッチして、

 

先程、登録したクレジットカードを選択します。(オレンジの枠の部分です)これで完了です。

現在(2018年4月)はポイントが付与されますが、今後も同じという保証はございません。(電子マネーに対して結構規制が入って来ているからでしょうか。)また、kyashの手数料は無料ですが、今後手数料がかかる可能性もありますので、ご注意ください。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。