MONEY

【もう手数料払わなくていい】どこの銀行がいいのか?【ネットをつかう】

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

悩んでいる人
悩んでいる人
いろいろな銀行があるけど、どこに口座を持つ方が良いんだろう

という疑問があるかと思います。

これについてもう少し詳しく解説していきます!

動画でも解説してます

キーワードから申しますと、「ネット」です。

これで何となく分かってしまうところがあるのですが詳しく解説していきます。

メガバンク以外で大丈夫なのかとかおすすめの銀行どこなのかという意見にも対応しておいこうと思います。

おすすめの銀行

皆さん少なくとも銀行口座を1つは持っていると思います。

どうやって作ったのかを思い返してほしいんですけども、例えば生まれた時から持っていた。

ゆうちょ銀行口座は親が出産した時に自分の口座を作ってくれたとか。

バイトとか会社で指定の銀行の口座作ったとか、色々とあると思います。

大体がゆうちょとかメガバンクとか地銀の人もいます。

おすすめは2つのネット銀行

そういうところが多いと思うのですが今回おすすめするのはネット銀行です。

ネット銀行でも結構色々な種類があるいます。

その中でもこの2つは使った方がいいと思うのでご紹介します。

1.住信SBIネット銀行

2.楽天銀行

住信SBIネット銀行は、有名なネット銀行なのですが、楽天銀行の方が馴染みあるかなと思います。

楽天は金融がすごい

楽天と聞くとネットショップ楽天市場とか楽天モバイルとか結構出てくると思います。

実は金融の売り上げが凄いです。

銀行の売り上げだけで900億ぐらい年間ありますからね。

それぐらい銀行とか証券とか金融業というのを楽天は力を入れています。

今回は手数料と金利と不便な点という項目を比較しながらお話をして行こうと思います。

手数料・金利

多くの人が気にするところが手数料だと思います。

2つあって1つは、ATMからの引き出しです。

もう1つが振込手数料です。

ATMの引き出し

1つ目のATMの引き出しについてなのですが、メガバンクであれば各支店とか出張所、駅の近くに1個だけATMあるとかそういうところがあります。

そういうところで入手金したりします。

ネット銀行の場合は、リアルな店舗視点とかがないです。

あったとしても限りなく少ないです。なぜならネット銀行だから。笑

コンビニで引き出すのがオトク

どうやってATMでお金を引き出すかというと、以下の通り。

・コンビニのATM

・駅のATM

よく使われます。

それらのATMはあるのは皆知っていると思います。

例えばセブン行ったりとかファミマ行ったりとか駅構内に行ったらATMがあるというのが分かると思うのですが、何で使わないかというとメガバンクの口座だと手数料がかかってしまうのです。

なので使わないという人も多いのですが、ネット銀行の強みとしてそういった手数料というのが安いのです。

すごく安くて、ほぼ無料です。

無料で使えるのですけども、そういったメリットが結構あるわけなのです。

支店を探すということがなくなる

ネット銀行の強みとしてそういった銀行とか駅というのは、例えば銀行、メガバンクの支店に行くとなるとどうしても駅から離れているとか自分の家からは歩いては5分とか10分とかかかってしまうというところをコンビニだったらすぐ近くにあったりします。

そうなるとお金の引き出しがすぐに出来るというところが凄い強みになると思います。

結構メガバンクとかゆうちょは給料日とかなると列並んでATM待ちみたいなところを見かけたり体験したりとかあると思います。

そういうのが無くなると考えたら便利じゃないですか。

振込手数料が格段にいい

ネット銀行の振込手数料についても結構強いです。

各銀行で手数料無料になるような仕組みがあります。

メガバンクの場合

例えばメガバンクで説明すると三菱UFJ銀行だったら付きの振込手数料3回まで無料になるという制度があります。

これ条件が結構厳しくて預金が500万円以上必要なわけです。

預金で500万円だと20代では厳しく30代でもギリギリまで届くかなというくらいで、やっと月3回無料になるのです。

ネット銀行の場合

住信SBI、僕がおすすめしているネット銀行であれば、30万円預金があれば3回無料になるというわけなんですけども、更に言えば、30歳以下の人とかだったら無条件で3回手数料無料ということなのです。

これ結構大きいですよね。振込手数料はそんなに使う機会はないと思うんですけども、それだけで200円、300円取られると考えたら結構痛いです。

それが無くなると考えたらネット銀行で1個口座を持っておけば、口座は無料で作れるので、振り込み手数料を無料として使えるので、凄く便利だと思います。

金利を比べよう

銀行の金利、銀行にお金を預ければ年に1回ぐらい銀行のお金が増えている時があります。

数十円とか、これが利息と言われているものなのですけど、そこの割合は結構な差があるのをご存じでしょうか。

メガバンクの場合

メガバンクの普通口座の預金だと0.001%というのが相場になっています。

こんな小さいパーセント見たことないと思うくらいなのですが、これはどういうことかというと、1000万円のお金を預けて1年後に100円貰えるという感じです。

正確に言うと、100円からさらに源泉徴収されて73円から72円ぐらいになってしまいます。

1000万円預けてそれくらいです。全然増えないわけです。

これだと少なすぎるので増えないよりはマシというところもあるのですが、もう少し高い金利で回したいじゃないですか!

楽天銀行の場合

それだったら楽天銀行の金利がいいんです。

楽天銀行だと何と0.1%付きます。

少ないように聞こえるのですけど、0.001%よりは100倍つきますよ。

これが楽天の銀行口座にプラスして楽天証券の口座、これも無料で作れるんですけども、連携することによって金利が0.1%になるのです。

これは全部無料で設定が出来るのでやってみるのがおすすめです。

使わないお金を移しておく

貯金する時には普通、銀行の口座を使うと思いますが、メガバンクに何となく入れてるよりは、楽天の銀行口座に入れておいた方が、どうせ使わないお金だったら金利の高いところに入れておいた方が、自分の資産が増えるという面ではいいのではないでしょうか。

こんな時便利/不便です

僕もメインバンクとしてネット銀行を使用しているんですけども、大体かれこれもう6年7年使っております。

メリット、デメリットがあると思います。

メリット

便利な部分としては地方行った時のことですけども、地方行くとどうしてもメガバンクとかが少ないです。

結構大きい都市、大きな駅の周りには「三菱UFJ」「みずほ」とかあるのですが、そんなに頻繁にあるわけでもないです。

ゆうちょも街まで行かないとキツイぐらいなところにあったりとか、東京だとあまり感じることはないんですけども、そういったATMがすごく少ないと思います。

逆もそうだと思います。

地方の人が東京来た時に自分が使っている、例えば広島の銀行とか西日本銀行とかそういった銀行はほとんど見つからないです。

提携している銀行ATMに行けば手数料が少しは安くなるとかあると思うのですけども、中々見つからないわけです。

そういった旅先でお金を下ろそうとした時に結構苦労するという部分あると思います。

それか手数料払って使うとかそういった感じだと思うんですけども、ネット銀行だったら全国各地のコンビニで下ろせます。

これ凄く便利なことだと思います。

デメリット

メリットの部分を挙げてきましたが、不便と思ったデメリットの部分もお話しておきます。

それは小銭の問題です。

ATMとか駅のATMというのは、基本的に紙幣、1000円札以上しか使えないわけです。

500円玉とか100円玉とかの小銭が預金できないわけです。

この小銭とかをどう消費していくかというのが結構悩みのタネというか、根本的な解決策ではないんですが、おすすめの方法は、ある程度小銭が溜まったら電子マネーにチャージするとかそういった方法で対応していると思います。

基本的にはキャッシュレス決済していくので、そこまで小銭が貯まることもないのですけども、
小銭にって溜まってくると重いじゃないですか、それをどうにか消費するというのを考えるというのが大変なところかなと思います。

まとめ

1つ目、ネット銀行を持つべき!
住信SBIネット銀行、楽天銀行の口座を持ちましょう。

2つ目、手数料、金利の優遇が段違い!
引き出しや振り込み手数料や金利などメガバンクと比較すると断然優遇されているのが分かります。

3つ目、ATM探しが楽になる!
東京から地方に行った時や地方から東京にやってきた時に自分の銀行の支店を探すよりも、ATMを探したほうが速いし、楽です。

今回のまとめです。

・ネット銀行を持つべき
・手数料、金利の優遇が段違い
・ATM探しが楽になる