ENGINNER

バイトよりもプログラミング学習をするべき理由を紹介

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

悩んでいる人
悩んでいる人
バイト以外にお金を稼ぐ方法って何かないかな

という疑問があるかと思います。

以前に以下のようなツイートをしました。

大学生ならバイトを探すよりも自分で稼ぐ方法を見つけたほうが何かと便利です。

稼ぐスキルを持っていると
社会人になってから「会社辞めようかな」というハードルが下がります。

プログラミングも一生モノのレベルとまではいかないけど5年くらい大丈夫です

これについてもう少し詳しく解説していきます!

動画でも解説してます

結論から申しますと、セーフティネットを作れです。
質問とか疑問とか社会人になる前にかせぐスキルが欲しいとか「プログラミングって何でそんなにオススメなの?」といったところを今回ご紹介していきます。
僕自身が学生時代にプログラミングを勉強していて新卒で独立したという経緯があるので、そこを含めて解説していきます。

なぜプログラミングなのか

ポイント1つ目、なぜプログラミングなのかについてです。

ここで主張したいのはプログラミングは、コスパが凄く良いのです。

何でコスパが良いのかと言うと大学生がバイトを探そうという時に必ず時給を見ます。

いくらなのか、1000円なのか、1200円なのか1500円ならちょっといいなと比較します。

都心ならこれだけかもしれませんが地方だともう少し低いところも在ると思います。

スキルがつくがどうかは大切

考えたいのは、そこで稼ぐスキルって身につくのかどうかです。

どういうことかというと、確かに飲食店とかでバイトをすれば料理の作り方とか学べるし引っ越しの作業なら筋トレ代わりになったりとかするかもしれません。

就職を後で多分考えると思うんですけども、その時にその延長線上で仕事を選ぶかどうかって言うと、そこはまた違いますよね。

バイトはバイト、就職は就職で考えたりします。

社会人になってから新しいスキルを身につけて仕事をやらないといけないというのは、僕的には効率悪いと思ってます。

だからこそエンジニアになって欲しいというところがあって、最初は時間が結構取られると思います。

時給を2000円にしよう

プログラミングの勉強は3ヶ月とかもしかして半年とか取られるかもしれないのですけど、そこで稼げるようになると例えば1000円、1500円と最初はアルバイトと同じような感じですが、2000円だったり3000円になっていく可能性が全然あります。

実際に僕も大学生4年生の時に時給2000円でエンジニアやっていました。

普通のバイトだと多分1000円だと思うんですけど、それが2倍ぐらい時間単価で稼げるようになったので、なるべく効率良く稼ぐというところを結構意識しました。

就職をラクにしよう

さらに就職する時もエンジニアのスキルというのは結構有効です。

技術職は結構給与が高くなっています。メガベンチャーと言われるDeNAとかサイバーエージェントとかLINEとか楽天とかだと1年目からレベルが高い人だと500万、600万、下手したら700万円とか全然もらえる世界です。

そうなると大学時代プログラミング勉強してエンジニアになった方が、社会人になってからも凄くいいと思うんです。

あなたはいつ年収700万円いきたいですか?

この枠に入るのは結構難しいのですが、700万円とかの枠は少ないし、レベルも高いので中々難しいかなと思います。

けども、例えば大学生のうちに実務経験2年くらいエンジニアで積みましたと、社会人になってからも少しエンジニアとしての実務経験を積んだら、1年2年くらいでフリーランスになって、40万、60万円という単価で仕事をすれば大体600万円、700万円という層には入るのではないかと思います。

こういったルートもオススメです。

効率よく学ぶには?

ポイント2つ目、「効率よく学ぶには?」についてです。

学ぶ方法としては、自分で本を買ってきて勉強して、何かプロダクトを作っていくという方法もあるのですが、今回オススメしたいのはプログラミングスクールに通うのがいいと思っています。

確かに独学で学ぶのですけども、学割とか大学生時には使えたりとか短時間で勉強しようと思ったらスクールがいいかなと思います。

スクールは意外と安い

勘違いされやすいのはスクールの費用は結構高いと思ったりするのですけども、そんなに高くないです。

僕が行っていた「テックキャンプ」という渋谷にあるスクールですけども、僕の時とは体系が今は変わってて、今の価格で言うと入会金は15万円ぐらいかかります。

月額の月謝みたいな形で1万5000円位らしいです。

最初の月はタダみたいなんで、3ヶ月行ったとしても18万円を行くか行かないぐらいなのですけども、1ヵ月当たりで換算すると6万円ぐらいですね。

6万円位だったらバイトすれば何とかなりそうなって思ったりします。

その後時給1000円、2000円とかどんどん単価が上がっていくと考えたら投資としては割と悪くないと思います。

変な資格とかを取るよりもプログラミング勉強した方が、お金を稼ぐという面ではすごくコスパがいいと思います。

スクールの種類は千差万別

他にもいろんな特徴のスクールがあったりします。

例えば、大学4年生向けに就職までを支援するようなところとか、色々デザインができるとか、フリーランス専門みたいなところとかもあります。

まずスタンダードにプログラミングを学ぶというところで、いくらか投資はすると思うのですけども、色んな種類のものを自分に合う物というのを見つけていけばいいかなと思います。

無料のところもあるよ

意外と無料とかのところもあるので、もしお金とかに余裕がないのであれば、無料相談とか無料で受けるとかなら、転職とか就職とかそういったものを合わせていくとタダになったりするので、そういったところもチェックしてみるのがいいと思います。

スクールに通った僕の末路

その後にスクールに行った後に、どうすればいいのかですけども、僕の話でいうとスクールに2か月くらいいたのです。

その後、独学で勉強した後に、長期インターンシップというのがありまして、エンジニアとして企業に仕事に行って、時給換算で働いていました。

実務経験とお金を頂くおトクな制度なんですけども、そういったことをやっていました。

インターンの最適な期間は?

どれくらいインターンをやればいいか?ですけども、なるべく長くやった方がいいと思います。

1年くらいやって見て現場を知るというのも有りですし、半年ぐらいで新しい現場、新しい会社を回って行くという方法もあると思うので、最低でも半年とか1年ぐらい1つの現場に行って技術を学ぶのがいいと思います。

結果を出すプログラミングスクール

テックキャンプ:【業界大手。転職、デザインも学べる。通学メイン】
僕が通ったスクール。渋谷や大阪に教室があります。

ポテパンキャンプ:【転職すると全額キャッシュバックも狙える。オンライン】
自社開発の転職に評判がいいです。未経験コースもお得。

TechAcademy:【コースが豊富。1週間無料授業アリ。オンライン】
LaravelやJavaなど人気の高いフレームワークを学べる。

会社を辞めたい時に支えになる

ポイント3つ目、会社を辞めたい時に支えになるについてです。

大学生の内にある程度スキルを身に着けておくと、就職とか仕事をすることに結構ハードルが低く感じるようになります。

その後は就職とかプログラミングと関係ないような仕事をしている時でも、「辞めたいな」と思ったらプログラミングのスキルあるしとか思ったりします。

例えば、自分で仕事を取って来たりとか転職を考えたりとかそういった考えが出来るようになると思います。

社会人になると悩む人が多い

僕の友人とかも社会人3年目が多いのですが、辞めようと悩んでいる人が結構います。

「最初入った会社これ合ってるのかどうか分かんない」

「ノルマがきつい」

「朝が早い」

と色々あると思います。

そう言った時にスキルがあったとしたら会社を辞めようというハードルが下がってくると思います。

学生のうちにスキルを習得しておく、見つけておくと自分の中で後々すごく便利になると思います。

他に役立つスキル

ポイント4つ目、他に役立つスキルについてです。

プログラミングをおすすめしたのですけども、他に何かあると聞かれたら僕的にはこの3つかなと思います。

➀動画編集
➁Webデザイン
③コピーライティング

この辺りがいいと思います。

動画編集とWebデザインは分かりやすいと思います。

コピーライティングってなに?

これ何かと言うと、ライティングというぐらいなので文章で例えば商品を買ってもらうとか、何かを登録してもらうとか、そういった時に書いていくための決まり文句・営業の歌い文句みたいなところがあるのです。

これを実践するところで、これ結構スキルとしては貴重なスキルなのです。

どうやって覚えるの?

実践しやすいのは、ライターとかブログを運営するとか、そういったところでやるのがいいと思います。

もし、そういうのに興味があるという方は、僕がいつも読んでるのがあって、メンタリストDaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」という本なんですけども、1400円で売っていて、この中で人の行動を起こすタイミングとか書いてあります。

人は綺麗な文章とかよりもストーリーとか感情の浮き沈みとか、そういうので人は行動をして何かを買ったりとか何かを登録したいなど書かれています。

こういったものを一冊読んでおくといいと思います。

人に何かを勧める営業でも使えるし、もちろんWebマーケティングの世界でも使えるし、何か交渉するという時に使えると思うので、こういったところを勉強しておくのもいいと思います。

まとめ

1つ目、プログラミングを学ぶことで時給が2倍にも3倍にもなる!
プログラミングを勉強することによって、1000円、1500円の時給単価よりも2000円、3000円とより高い仕事に就くことも可能です。

2つ目、スクール→インターンが効率いいルート!
まず、プログラミングスクールで2・3ヶ月学んで、プロダクト作って、その後に面接行って、実務経験を積んでいくというのが大学生とかが出来る一番効率がいいルートだと思います。

3つ目、社会人になった時のセーフティネットになる!
社会人になり仕事を辞めようかなと思った時に、自分はスキルがあるから最悪辞めてもエンジニアやプログラマーとして食べていけるなっていう何か自信になるものがあれば、自分がやりたいこととかに挑戦出来るんじゃないかなと思います。

今回のまとめです。

・プログラミングを学ぶことで時給が2倍にも3倍にもなる
・スクール→インターンが効率いいルート
・社会人になった時のセーフティネットになる