旅行

バリ島に行くなら両替所よりもATMでキャッシングがオススメ【使い方、返済方法を解説】

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

バリ島へ行く予定の人
バリ島へ行く予定の人
バリ島に行くけど現地通貨どうやって手に入れようか。。
現金を大量に持っていくのはちょっと不安。。

ということがあるかと思います。

そういうときこそ、「ATMでのキャッシング」をおすすめします。

しかもキャッシングだと「両替所を探す手間」、「大量の現金を持ち歩くリスク」から開放されます。

✅海外キャッシングの利息は安い
inバリ島

4/27
200万ルピアキャッシング(15800円分)

5/2
返済 合計16042円
→利息26円(+ATM使用料216円)

現地で両替すると レート:125
(つまり1万円で125万ルピア)なら
1.6万円→200万ルピア

同じくらいなら
不要に現金持つより安心です(^^)

記事書いた私は東南アジアを中心に複数ヶ国でATMのキャッシング経験済。

一度覚えておくと「どの国に行っても使える方法」なので便利ですし、そんなに難しくないですよ。

そんな方法をレクチャーしたいと思います。

バリ島に行くなら両替所よりもATMでキャッシングがオススメ

理由は以下の3つです

・不要に現金を持っていく、両替所へ行くのが不要

・意外とレートがいい

・どの国でも同じように対応可

少し説明してきます。

不要に現金を持っていく、両替所へ行くのが不要

まず、現金を必要な分だけ引き出せるのでムダがないです。

滞在中に「滞在期間中に現金不足ならないか」不安になり、余分に現金を持ってくるとそれだけで落としたりしないか心配。

また、どの両替所がレートがいいのか気にする必要がないです。

両替所も観光客が押し寄せると現金不足で交換してくれない時も(東南アジアあるある)

また、高いレートでも最後に少し現金をちょろまかす被害あるらしいです。。

意外とレートがいい

これは驚きかもしれませんが、キャッシングのレートは悪くないです。

むしろ下手な両替所で換金するより全然良いです。

上記のツイッターで紹介したようにATM手数料を除くとキャッシングの方がレートが良い

両替所の手数料>キャッシング手数料

一度覚えておくとどの国でも対応可

キャッシングのやり方はどこも同じようなものです。

言語選ぶ→キャッシングを選択→何で引き出すか(クレカなど)→金額の入力→現金を受け取る

これだけでOK。

現地ATMでの流れ【写真付き】

実際に現地のATMでキャッシングをしてみます。

場所1デンパサール国際空港
場所2 入国審査前のATM
金額100万ルピア(≒8000円)

上記のような設定になります。

まずATMを探します

自分のカードのブランドが対応しているか確認しましょう。

(今回はVISAブランドでキャッシングします)

ATMにカードを挿入

クレジットカードをいれます。

キャッシング枠があることが条件です。

※日本のように吸い込まれるようにカードが入ってくれない場合がありますが大丈夫です。ちょっとなら差し込んでもOK。あまりにも吸い込みが悪いようでしたら他の機械を使うことをおすすめします。

言語を選択

最初言語の設定があります。

だいたい「現地語」、「英語」が選べますので今回は英語を選択

暗証番号を入力

最初に暗証番号を入れます

入力が終わったら、「Accept(みどり色のボタン)」or画面に表示してある「DONE」を押します。

ここで暗証番号の入力ミスしても次の画面に行きますので注意です

カードの種類を選択

CREDIT CARD」を選択します

引き出す金額を入力

いくら引き出すかを「画面に表示される金額」or「数字」で入力します。

終わったら、「Accept」を押します。

※インドネシアの通貨ルピアは桁数が多いでしっかり確認しましょう!

現金が出てくるのを待つ

あとは現金が出てくるのを待ちます。

「現金が出てこない!」の確認ポイント

・暗証番号が間違ってないか?→間違っていると「PIN IS NOT CORRECT」と表示されます

・キャッシング枠があるか?→キャッシング機能をつけていないとできません

・カードの限度額があるか?→ショッピングの時と同じで限度額があります

現金とカードを受け取る

まず現金が出てくるので取ります。

そしてカードも出てきたらすぐに取ります。

カードが出てきているときに取らずに放って置くとカードが機械に吸い込まれるケースがあるので、最優先で取り出しましょう!

帰国後の返済方法【カード選びに注意】

キャッシングをしてカード支払い日返済すればいいのですが、

その分金利が余計についてしまうので、なるべく繰り上げ返済するのがいいです。

繰り上げ返済とは?

カード会社の定めた支払日よりも先に支払いをする方法

今回はエポスカードでキャッシングしましたので、日本にあるエポスのATMで繰り上げ返済します。

エポスのATMへ行く

GW中の祝日でしたが開いてました。

メニューの「お支払い」を選択

カードを入れるとメニュー画面に切り替わるので、「お支払い」を選択します。

支払い方法を選択

画面では「今回 該当のお支払いはございません」と表示されるが無視して、「全額払い」を選択します。

支払い金額を確認し入金

金額を確認し、返済金額を入金します。

硬貨も使えますので端数までキッチリ入りますよ。

明細とカードを受け取る

入金が済んで明細とカードを受け取り終了です。

以上です。お疲れ様でしたm(__)m

エポスカードも十分使いやすいカードですが、

海外キャッシングするとATM手数料がかかってしまいます。

なので、セブ島にいたときはセディナカードJiyu!da!がオススメ。

このカードは

・3ブランドに対応(VISA MasterCard JCB)

・ネットで返済完結できる(海外からもできました)

・返済金額がすぐに確定(だいたい1週間以内)=金利を安くできる

という点が優れております。

【おすすめ】空港、ショッピングモールのATMを使う

街にあるATMよりも空港、ショッピングモールのATMを使うのがいいです。

理由としてスキミング(カード情報を抜き取られる)被害が出たりするので、なるべく屋内のものを使うのがいいです。

もし、キャッシングをした後に不正な請求が届いていればカード会社に連絡すれば相談すればOKです。

海外キャッシングは手順を覚えておけば便利

海外キャッシングは上記で解説したとおりです。

だいたいどこに行っても同じ手順で出てきております。

・カードが吸い込まれる前に取り出す

・信用できそうな空港、ショッピングモール内のATMを使うこと

を気をつけていれば難しくないと思います。