楽に生きるヒント

20代は”動ける”だけでメリットです【お金も大事】

こんにちは。sima(@sima199407)です。

以前ツイッターで、

めっちゃ大事なこと。お金があっても健康がないと何もできない。

若いってのは「動ける」だけでメリットで、それを気づかずに60代〜になってから海外旅行行こうと思ってもハードルが高くなってくる。

祖母に沖縄行こうと提案したときも「この歳で飛行機はキツイわ」といわれた。

若いって一瞬だな

とつぶやいたところ反響がありましたので詳しく話していこうと思います。

若いうちは「健康の大切さ」人生の先輩方を言われてもピンとこないことが多いです。

私もまだ20代中盤あたりなのでちゃんと実感はしてませんが「周りを見た感じこうであろう」というポイントをみていきます。

・”外の空間”を広げておく
・退職後の人生は見えている?
・若いうちに効率よく稼ごう

では一つづつみていきましょう。

若いときはしがらみが少ない

まず言われるのが「若いうちは責任が少ない」ということでして言葉を選ばずにいうと「無責任」のような状態です。

会社で仕事をしている人は20代で責任者になっているケースは少なくどちらかというと「下積み時代」のような経験を積む時期になります。

私生活で言えば、20代前半で結婚するケースは一昔前と比べるとだいぶ少なくなってきました。

結婚することも仕事を頑張ることも大事なのですが、若いうちはできるだけ「外の空間」に触れることがいいと思ってます。

外の空間とは?

ここで言う”外”とは自分の今いるコミュニティー外の話でして会社でも地元の仲間でもない、「全く接点のない人たち」のことです。

よく友達と話しているときに「出会いがない」ということを聞くのですが、

これは自分のコミュニティーから出ずに見つけようとしているので出会いがないと言っていることが多いです。

新しい環境に飛び込んでいくことは勇気のいる行動だと思います。

例で言えば「海外に行く」というのは自分のコミュニティとは別空間なので、

最初は不安だと思いますが経験してしまえば大したことないと気づくはずです。

しかし若いうちに経験しておかないと年齢を重ねてからチャレンジすることってすごい大変らしいですよ。

また私の祖母の話になりますが、

彼女は一人で飲食店入るという経験がありません。

例えばカフェでパンやコーヒーを頼むというのは難しい行動ではないと考えますが、

彼女にとって未経験のコトは不安を感じてしまいます。

若いうちに動いておくメリットとは

若いうちに”外の空間”にふれることで2つのメリットがあります。

外の空間を経験する2つの理由

・「他の空間にはなにがあるのか知りたい」という好奇心
・「すぐに新しい空間に行こう」という行動力

です。

若いというは世間知らずという部分もありますが、

逆に知らないことが多いと知りたいという欲もでてきます。

そして今回のテーマである「動ける」というのは行動力につながってきます。

結果的に動き続けることで新しい自分らしいコミュニティを見つけることができますね。

定年後の人生なんてわからない

「若いうちに動け!」という話をしてきましたがこの話をすると大抵こんなことを言われます。

定年を控えた人
定年を控えた人
退職して時間ができたら動けばいいじゃないか

確かに時間もお金の余裕もある定年退職後も一つの手です。

ですが、ツイートの引用元でこんなことを言ってます。

そう。定年後に身体が動くかどうかはわかりません

日常的にトレーニングを行ったり食事に気を遣っていても若さには戻ってきません。

また、定年を迎える前に大病を患ってしまったら好きなこともできないかもしれません。

なので、やりたいことを定年後に計画するより20代のうちにやりたいことをしていくのが賢明だと思います。

今のうちにやりたいことをワケ

何度も述べますが、20代は健康というだけでメリットなのでこれを活かさないともったいないです。

それは貴重な資産であり時間が経つとなくなっていくものだからです。

もし、「海外旅行に行きたい」という目標があるなら早く行くべきです。

「仕事を引退してからでいいや」と思っていても人生計画通りには行かないものです。

同世代よりもお金を稼ごう

矛盾かもしれませんがやりたいことをやるならお金がかかります。

なので、やりたいことに注力しつつ効率よく稼ぐ必要がありますね。

多分ですが普通に会社員をやってましたらやりたいことの時間確保は難しいと思います。

なので個人で稼ぐのがいいと思いますね。

・エンジニア
・ブログ/ライター
・アフィリエイト
・せどり/転売
・デザイン
・投資

など個人で稼ぐ人が多いものを上げてみました。

どれがあなたに合いますか?

効率的に稼ぐならエンジニアがおすすめ

特にスキルがなく、パソコン作業に抵抗がなければ「エンジニア」はアリだと思います。

20代や比較的若いうちから活躍できフリーランスになると週3勤務やリモートワークも可能になります。

まず未経験なら独学とプログラミングスクールという方法があります。

あわせて読みたい
プログラミングスクール出身者が選ぶおすすめのスクール【3つ紹介】こんにちは。エンジニアのsima(@sima199407)です。 最近プログラミングを学びたいという人が増えていると思います。 ...

スクールの中には「転職サポート保証」としてエンジニア職の就職までをケアしてくれる場所があります。

さらにそこで転職に成功すると「授業料がタダ」になる方法もあるのでほぼリスクゼロですね。

「健康」という資産を忘れずに

20代は健康であることを忘れがちですがこれは立派な資産です。

そしてそれは一瞬のことのように失っていきます。

自分のやりたいことを放って置くことをやめてすぐに行動していきましょう!

あわせて読みたい
初動の速いと「人生を変える」力になるよ。【人が付いてきます】こんにちは。下町の行動派男子、sima(@sima199407)です。 今回は「初動(初めの一歩)が速いと人生が変わる」ということ...
関連のある記事