僕が1年半でフリーランスエンジニアになった方法
セブ

私がセブ留学中に行きまくったカフェ「Bo’s Coffee」とは?スタバよりもいい理由とは?

ぼすこーひー

こんにちは。週末はカフェにこもるのが趣味のsimaです。

またまた、セブ島関連の記事になります。

今回はセブ島だけではなく、フィリピンで絶大な人気を誇る、コーヒーチェーン店の

「Bo’s Coffee」について書いて行こうと思います。

ちなみに読み方なんですが「ボスコーヒー」と呼びます。日本だと「BOSSコーヒー」と聞き間違えそうですね。笑

このBo’s Coffeeは多分、セブ島に行ったことある人なら一度は見たことあるお店だと思います。なんでもフィリピンでは世界的コーヒーチェーン「スターバックス」よりも人気だということで、その理由を書いて私の視点も合わせて書いていこうと思います。

セブ発のコーヒーチェーンである。

Bo’s Coffeeは1996年にセブ島で創業されたカフェになります。1号店はセブ島の巨大ショッピングモール、「Ayala(アヤラ) モール」の一角にオープンしました。

現在はアヤラモールには5店舗ほどのBo’s coffeeが入っております。

創業当時のBo’s Coffeeはなかなか受け入れられなかったらしいです。その理由はコーヒーのために100peso(約220円)お金を出すということが現地の人からしたら理解ができないことだったみたいです。

確かにセブの街を歩くと10peso(約22円)でコーヒーが飲めるスタンドがあったりします。(スタンドと言っても日本で言う自動販売機のようなものです。)

フィリピンのアイスコーヒー文化を作り上げた?

また、Bo’s Coffeeはフラペチーノのような冷たいドリンクをおいてありますが、フィリピンの人に聞くと、そもそも「アイスコーヒー」を飲む習慣がなく、冷たいコーヒー系ドリンクは受け入れられませんでした。

ボスコーヒー日本でもよく見かける、フラペチーノ。Bo’s coffeeにはコーヒーの他にアイスも販売しているので、アイスを乗っけて食べるのが人気らしいです。

 

しかし、東南アジアの温暖な気候を考えれば、冷たい飲み物が売れることはBo’s coffee側はわかっていたのでしょう。

徐々に人気が広がり、大手ショッピングモールにどんどん出店し、現在では国内で100店舗を展開しているらしいです。今ではすっかり、スターバックスより人気になり、国民的カフェチェーンに進化していきました。

フィリピンの他にもシンガポールや中国にもあるそうなので、機会があれば行ってみたいと思います。

ちなみにコーヒーの値段なのですが、こんな感じです。

ストア メニュー 値段
Bo’s coffee Coffee Americano(Mサイズ) 115ペソ(約250円)
スターバックス Coffee Americano(tallサイズ) 120ペソ(約260円)

Bo’s Coffeeとスターバックスとも同じくらいの料金設定になっています。

国産の豆にこだわる

セブ島発のコーヒーチェーンということで、とことん地元にこだわっています。

一番それが表れているのは、「コーヒー豆」です。

温暖な地帯が広がる、フィリピンの国土を活かしたフィリピン産のコーヒー豆を栽培し、他のカフェチェーンと差別化を図っております。

スターバックスでは、ケニア、グアテマラ、コロンビアなど様々の国のコーヒー豆を扱っております。

コンセプトの違いがありますが、Bo’s Coffeeのほうがリブランドがされており、地域に根づきやすい形になっていると思います。

wi-fiが飛んでいる

ここって結構重要なんですよね。

私が使いたいという面もありますが、フィリピン人のスマホ所有率は100%を超えていると言われており、ネットは生活に浸透しております。

しかし、回線が日本に比べてかなり遅く、またフィリピンの携帯の契約はプリペイドで行ってる人が多く、なるべくパケットを節約したいという意識が働いております。

私の学校の先生はなるべく電顕を切って、通信を遮断をすると言ってました。緊急の電話が来たらどうするのでしょうか?笑

とにかく、wi-fiを使ってネットに接続することが大事なので、ショッピングモールはもちろん、お店ごとにwi-fiを設置しており、パスワードを店員に聞くと教えてくれます。

Bo’s Coffeeも店員さんに「Please Wi-Fi Password.」といえばユーザーIDとパスワードが書かれている紙をくれるので、お店のWi-Fiに接続し、ブラウザを開くと入力画面が出るので、貰った紙に書いてあることを入力すればOKです。

来店の際に毎回貰わなければならないのは面倒ですが、Wi-Fiを使うために我慢しましょう。笑

それが嫌なら日本から爆速のモバイルWi-Fiを持ってきましょう!

マグカップはお土産に最適!

店内にはカラフルなマグカップが置いており、インテリアとしても使えそうです!
まぐかっぷ

さらに!購入すると、その場でコーヒー1杯サービスでついて来ますので、オトクです!!

私の【Bo’sマグ】レビュー

実は私も持っており、今でも使ってます!


結構大きいサイズなので、たっぷり入りますね(^o^)


10円玉と比べるとこんな感じです。直径が10円玉4つ分くらいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事をまとめると

Bo’s coffee

・スタバに勝てるフィリピンのローカルカフェ
・地元の豆を使ったコーヒーがウリ
・wi-fiがついているので、長居できる

こんなかんじですね。セブ島に行った際には一度訪れてみることをおすすめします。空港などにもありますので、ちょっとした休憩に使えます。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
セブ島に6ヶ月留学した私が未来の留学生へ教えたい8つのこと。こんにちは。セブ島留学経験者のsima(@sima199407)です。 今回は人気の留学地、フィリピンのセブ島について話していこう...