楽に生きるヒント

大失敗しても次に成功確率が上がる話【失敗経験アリ】

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

次の失敗が恐い人
次の失敗が恐い人
今回うまく行かなくてトラウマになるレベル。。。
また大失敗するなら挑戦しないほうがいいかな。。。

という意見があるかと思います。

以前ツイッター以下のようにツイートしました。

人生は山あり谷ありといいますが、
成功している人を見ると「壮絶な失敗した過去」がある気がします。

大きい谷を経験したあとにそこで絶望するのではなく、
「谷があるから頂上もあるはず」という考えと行動ができる人だと。

ずっと成功していると思っているときは
それは山じゃなくて丘程度かも。

わりと成功している方は失敗の数も多いと思います。

結論を言ってしまえば、

「挑戦の数が多いから失敗も成功も多い」

ということなんです。

それについてもう少し詳しく話していきたいと思います。

今回のポイントは以下になります。

・そもそも大失敗と考えなくていい
・後悔するより学ぶことが大事
・大失敗が笑い話なっていればOK

それでは見ていきましょう。

大失敗しても次に成功確率が上がる話

Businessmen are stressed with work in the office.

大失敗と聞くとどんなことを思い出しますか?

・借金した
・仕事のミスをした
・彼女にフラれた

といった感じでしょうか。

実はこれらの例は僕が経験してきたことです。笑

そういった失敗をした後って「もうこんな失敗したくない!」という風に思いますよね?

だって失敗したくないじゃないですか。恥ずかしいしですし。

失敗すると失うイメージが多いかもしれませんが、手に入れるものもあります。

それは「経験」です。

は?そんなこと何万回も聞いた話だよ!

と思われるかもしれません。

これについて僕のなりの見解があります。

失敗=経験である

失敗は「経験」ということをお話しました。

失敗したというのは「何かしら行動した結果」ということなので、やらないより100倍いいんですよ。

マイクロソフトのビル・ゲイツが以下のようなことを発言してます。

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。失敗にどう対処するかで会社が社員の良い発想や才能をどれだけ引き出し、変化に対応していけるかがわかる。どんな会社にも、ミスをして、それを最大限活かしたことのある人が必要だ

(ビル・ゲイツ)

失敗をすることで変化への対応を学べるということは、今後の個人が活躍する世界で大事なものになってきます。

今まで失敗から学んできたもの

business finance. growing Profit concept,Hand arranging wood block

僕も今までいろんな失敗をしてきました。

恥ずかしいですが、リスト化して紹介しますね。。

失敗リスト

・4度の告白で4度フラれる

・受かると言われていた公立高校に自分だけ落ちる

・高校に入学してから3ヶ月で転校を決めたがまた公立高校落ちる。

・やっと転入した高校で部活に入ったら先輩に目をつけられて退部。
【関連記事】私が実践した、正しい部活の辞め方を公開。【心配無用です】

・レベルの高い大学だけを受けて全敗して浪人。
【関連記事】浪人時代って何やってるの?1浪1休の私がざっくり書いてみた。〜浪人編〜

・大学時代に情報商材に50万くらい使って1円も稼げず

・エンジニアインターンに5社落ちる

・ビジネスのために借り入れしたが、輸入規制に引っかかり借金だけが残る

・フリーランスとして始めた案件を実力不足で2ヶ月切られる

などです。

割とすべて笑い話にできるくらいになってきましたが当時の自分は絶望でしたね。笑

ここから学べることは

行動すると過去の失敗を忘れる

ということです。反省はしますが、止まることはしません。

気持ち的には成功したらラッキーくらいで思っておくと、失敗しても受け入れられます。

失敗から学べるものはあります

僕が失敗したときに取った行動は主に3つです。

失敗後の行動

①諦める
②しばらくしてから再開する
③失敗してすぐ再開する

①②はわかりますよね。

「失敗しているからもうやめよう。」

「一旦落ち着いてからもう一回やろう」

と考えます。

しかし、実は「③失敗してすぐ再開する」という行動が一番成功確率がいいです。

それは、失敗して気づくことが多いからです。

・あのタイミングでやっておけばよかった
・よく見るとこんなふうにやったほうが効率的

だと思うことが多いです。

また、失敗したときはすぐに再開するメリットとして、トラウマが残りにくいということです。

こんな経験ありませんか?

・小学生の時にスキーで怪我をして今もトラウマ
・小さい頃は納豆を食べれたけど今は無理
・昔は動物に触れ合ったけど今は苦手

つまり、
「小さい頃にできていたものが大人になるとできなくなる」

ということです。

これは長期間、苦手意識が頭に残ってしまうので、取り除くのが難しくなってしまうんですよね。

なので、すぐに成功体験に変えてあげることで苦手意識をすぐに消す方法があります。

すぐに対処することで苦手がなくなる!

【TIPS】失敗を記録するメモアプリ

僕は失敗したときに必ずやることがありまして、それはメモに残すことです。

これを定期的に見返して次のやるときに失敗しないようにしています。

最近は「Evernote」というアプリを使ってましてPCからもスマホからも閲覧できるので便利です。

ちなみにブログを書くのにも使えるのでこの記事もEvernoteで書いてます。

大失敗しても成功するとだいたい痛みはなくなる

Side view of serene woman sitting on sandy beach against blue sky outdoors

最後にポエム的に終わろうと思います。

失敗するとその時は派手にダメージを受けます。

逆に言うと「その時だけ」なんです。だいたい寝ると8割くらい忘れます。

2~3日引きずるくらいのレベルです。結果にどうこう言うよりは次を考えたほうがいいです。

成功しているとガンガン行動することはできますが、失敗すると少し考えます。

その行動が重要で、うまく行っているときは「この行動で間違いない!」と思ってしまいがち。そして、痛い目を見たときに気づく。

失敗は大事なチャンスで改善点を教えてくれます。

理想を言えば、成功しているときもその理由を考えながら行動するべきですが、人間うまく行っているときは意外と周りが見えていないものです。

ぜひ「失敗したらチャンス」だと思って行動してみてください。

あわせて読みたい
【実体験】失敗してもいいも続けるべき理由【成功者も通ってきた道です】こんにちは。下町の行動派、もんしょー(@sima199407)です。 現在、このブログを始めてから8ヶ月が経ち、徐々にアクセスを伸...