BLOG

【初心者向け】ブログにどんなことを書けばいいのか?【収益の仕組みも解説】

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

悩んでいる人
悩んでいる人
ブログを始めたいけど、何も書くことがないし…何を書けばいいの?

という疑問があるかと思います。

今回はこの悩みについて詳しく解説していきます!

動画でも解説してます

ブログの始め方はこちら
初心者でも一から作れるようにしておりますが、もしわからないことがあったらTwitterにご連絡ください。(@sima199407)

あわせて読みたい
【もう迷わない】最速でWordPressブログ開設する流れを解説こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。 という疑問があるかと思います。 パソコンが不慣れな人でも分か...

ブログは自分の得意分野を書け

まず結論を言うと”自分の得意分野を書け!

よく質問や相談とかで

「ブログを始めてみたいけど発信の内容がない」

「大した経験してないからちょっと僕にはブログは書けません」

っていう意見があるかなと思います。

僕はブログを大体週3回更新していて、今は月5万円~7万円ぐらい収益が発生しているので、そういった実績があるという上で今回ちょっとお話しさせて頂こうかなと思います。

ブログで書くべきこと

最初に”ブログで書くべき内容とは?”という話をさせていただきます。

1番ここで悩まれるのではないでしょうか。

「何を書けばいいのかわからない」とか「役に立つ情報を持っていない」とか結構思いがちなんです。

誰もがネタを持っている

実は、隠れた有益な情報、有力な情報っていうのは誰でも持っているんです。

書くべき話題としては、主に2つほど”これがいいんじゃないか”っていうのがあります。

1つ目:自分の体験

2つ目:自分の得意分野

旅行とか書きやすい

わかりやすいのは自分の体験談かなと思います。

例えば、どこか旅行に行ったとします。そのときに

・こんな体験をした

・ホテルはどういうところに泊まった

というような情報を持ってらっしゃるかなと思います。

そういった情報というのは結構有益だったりしますね。

なかなか口コミだけだとわかりにくいような情報を写真付きで、”こういうものが置いてあります””こういう食べ物がおすすめです”っていう旅行の体験記みたいなものは結構読まれます。

近場の情報でOK

旅行だけじゃなくて地元の情報とかでも良いです。

ここのカフェはWi-Fiが早い”とか”日曜日でも混みあってないお店はここだ”といったネットにはなかなか出てこない情報っていうのは結構有益だったりするので、読まれる可能性が高いかと思います。

少なくとも僕は見たいです。笑

例えばこんな感じです。

あわせて読みたい
押上のコワーキングスペース『東京ヒュッテ』のカフェにいってみた【穴場です】こんにちは。ノマドワーカーのもんしょー(@sima199407:[wbcode1])です。 スカイツリーのお膝元にある「Tokyo...

得意分野→過去の経験から振り返る

それから、得意分野についてですが、これは今自分がやっていることや過去にやってきたものというのがいいかなと思います。

これも体験談に近いかなと思うんですが、自分が知ってることを伝えていく。

これが結構ポイント高いかなと思います。

ブログの大切な所として読んでもらって嬉しいこととして、その人の悩みを考え方っていうのを変えていったり、解決していったりする。

そういった事が1つポイントになってくるのでそういう所を意識しているとアクセスが増えていったり収益化しやすいという所があります。

例えばこんな感じ。

あわせて読みたい
大学休学中って何やってるの?1浪1休の私がざっくり書いてみた。〜休学編〜こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。 先日書いた、こちらの続きになります。 浪人時代って何やってるの?1浪...

もしネタがないときは?

体験談を書いていくのが良いと言ったんですけど、

『そんな面白いことやってきてないなー』

『割と平凡な生活しててあんまり刺激ないんだよね』

なんて思う人もいるのではないでしょうか。

自分の「今から」を書いていく

その時に何を書けばいいかっていうところで、自分が何かに挑戦する過程とかをブログの記事にしていくっていうのがいいんじゃないかと思います。

英語の勉強をしようという人が”TOEIC800点への道”みたいな名前のブログを題して、英語学習のブログを作ってみるとか。

あとはダイエットとかですね。

マイナス10キロになるまでのロードマップっていうダイエットブログを作ってみるといった感じで、自分が自ら体験していって体験を作ってそれを読者に伝えるっていう方法

これが割と読まれやすいというか、結構リアリティがあるので

「僕にもできるんじゃないか?」

「私にもやれそう!」

って思わせることができるので、のめり込みやすい所がありますね。

こういった体験談がなければ、自分で体験談を作っちゃうというのはこれも1つの技かなと思います。

収益をあげる3つのパターン

 

質問者
質問者

人を集める為に自分で記事を書きました!

そしたら人が集まってきました!

さあ、つぎにどうしましょうという話なんですが、これはブログの特性によっても結構変わるところがあります。

しかし、複数の物を組み合わせたりとかも出来たりするんで、あくまでも「こういうコンテンツだったら、こういうのが相性がいいんじゃないの」というのを見ていければなと思います。

パターン① クリック広告

1つ目がクリック広告。

これが一番簡単な方法なんですけども、よくウェブサイトの右端とか記事の中に広告みたいなやつ入ってるじゃないですか。

この広告っていうのが、例えば自分がいろんな旅行のサイトとかを見に行ったら、そこにずっと旅行のサイトのやつが出てきたり洗濯機をずっと比較している時に洗濯機の話題がバンバン出てきたり。

それらはGoogleが管理している広告なんですが、あれはクリック広告って言われてます。

あのウェブの広告ってなに?

Googleアドセンスって言われているんですが、これは1回クリックされたら何十円とか何百円とかっていう方法で稼いでいく、課金されていくっていうタイプになります。

ブログとかウェブサイト内によくありますよね。

メリットは?

これのメリットとしては、アクセスが増えれば増えるほどクリックも増えていくっていう傾向があるので、アクセスをいっぱい集められるようなブログだとすごく便利かなと思います。

例えば、時事ネタとかトレンド記事って言われてるような”誰々さんが結婚しました””あの新人の女優は誰だ”みたいな感じのやるあるじゃないですか。

ああいう一気にアクセスを集めそうなものは向いてるかなと思います。

パターン② アフィリエイト

2つ目の収益パターンがアフィリエイトですね。

アフィリエイトが何かを簡単に言うと、紹介手数料ですね。

ブログ内で商品とかサービスとかを紹介して、そこで会員登録するとか、何か購入してもえればいくらかマージンが収入として入りますよっていうのがアフィリエイトっていう仕組みです。

クリックの方がラクじゃない?

これを聞くと、「やっぱりさっきのクリックの方がクリックしてくれるだけでいいからお金はそっちの方がいいじゃん」って思われるかと思うんですが…

しかし、ちょっと罠があって、クリック広告って1回につき20円か100円ぐらいなんですけど、例えば1万円を稼ごうと思ったらクリックを100回とか50回とかしてもらわないとダメなわけですよ。

さらに、クリックされる確率っていうのが大体1%って言われていて、アクセスの1%。

つまり、100回見られて1回押してくれるかどうかっていう話なんですが、こうなると大量のアクセスを集めることが必要になってくるので結構大変なんですよね。

アフィリエイトのメリット

その点アフィリエイトになると、1つの紹介とかで1件5000円とか1万円のものがあるのでクリックのものよりも少ないアクセスでも数万円とかっていう収益を作ることができるっていうのがポイントになってきます。

僕が運営しているもんしょーブログっていうブログでも、1万アクセスぐらい毎月あるんですが収益としたら数万円ぐらいになっています。

ただ、クリック広告に関しても一緒に貼ってあるんですけど、クリック広告だとやっぱり1000円とか、多くて2000円ぐらいの収益なのでやっぱり桁が違ってくるわけですよね。

やっぱりアフィリエイトの方が、収益化するんだったらおすすめかなと思います。

どんな分野に使える?

こういったアフィリエイトは、どういったブログに向いているかというと専門分野や商品のレビューとかのブログを作ってる人ならこっちの方がおすすめですね。

普通に大量のアクセスを集めるよりも、網羅性があって、ちゃんと情報がいっぱり載ってるようなサイトがすごく好まれます。

アフィリエイトの広告サイトをASPっていうんですが、一度どんなものがあるか見てみるのもいいですね。

パターン③ コンテンツ販売

最後3つ目がコンテンツ販売というやり方です。

コンテンツ販売は、先ほどのアフィリエイトとは違って自分が持っている商品を売るっていう方法ですね。

ここが一番難易度が高いかなと思いますが、すごくおすすめです。

商品なんてないけど。。。

この話をすると「自分は商品なんていない」と言う方がいるかもしれません。

「何か作ってる訳じゃないし、デザイナーとかでもないし、イラストを売る訳でもないし」と色々思うかもしれないんですけども、これは自分が持ってるものから商品化するということをすればいいのかなと思ってます。

さっきのTOEICを勉強していく英語学習ブログみたいな感じだと、例えばそこで勉強していってTOEICの点数が上がったとします。

そしたら、今度はTOEICの勉強を始めたい人またはTOEICの点数が伸び悩んでいる人に直接アドバイスをするっていうことをやってしまえば、それが1つの商品となりますよね。

スキルを売ってみよう

アドバイス料をもらうとか、自分がやってきたことを教える事っていうのはコンテンツにもなるし記事にもなるので、これはオススメのポイントになるので何か新しいことを始めて

”こういうことをやってきました!”

”こういう風に伸びました””そのやり方を教えます”

っていう感じでやっていくと、すごくブログからの経済圏―お金っていうのは発生しやすいかなと思います。

どんな分野に使える?

コンテンツ販売はアフィリエイトと同じように専門分野の発言に使えるんですが、コンテンツを売る時はなるべく顔が見えたり、個性が出しやすい物っていうのが売りやすいかなと思います。

ここら辺が含まれるものだったらコンテンツ販売も一つ選択肢として入れておくのはいいんじゃないでしょうか。

ブログの始め方はこちら

初心者でも一から作れるようにしておりますが、もしわからないことがあったらTwitterにご連絡ください。(@sima199407

あわせて読みたい
【もう迷わない】最速でWordPressブログ開設する流れを解説こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。 という疑問があるかと思います。 パソコンが不慣れな人でも分か...

まとめ

まとめ① 自分の体験・得意分野を発信する

自分がやってきたことだったりとか、自分がやってきた実績とか、自分が得意なことっていうのを発信していくとユーザーに読まれやすい。

まとめ② 自分の挑戦をして体験を作る

「今は何も教えるものとか特にないよ」ってなったら、自分で何かを体験して「こういうことしてます」っていう過程を記事にしていくっていう事が1つポイントになってきます。

まとめ③ 収益化をするそれぞれのやり方がある

アクセスをいっぱい集めてクリックしてもらうのか、何か商品を紹介してそのマージンをもらうのか、はたまた自分の商品を作ってそれを売るのか

色んな方法でブログから収益を発生させるっていうことができるというお話をしました。

今回のまとめです。

・自分の体験・得意分野を発信する
・自分の挑戦をして体験を作る
・収益化をするそれぞれのやり方がある