モノ系レビュー

MacbookProを安く買うためにやる方法【ヒントはポイントサイトです】

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

4年間使っていたMacbookairから新しいパソコンを買おうと思い、airの上位版のMacbookProを買いました。

以前ツイッターで以下のツイートをしました。

大学4年お世話になった、MBAからMacBook Proに切り替えました。

どちらも13インチになりますが、重ねてみると Proの方が一回り小さく感じます。

まだairも使えると思いますが、作業効率が少しでも上がれば買った価値があると思います☺️

今回購入したのはMacbook Proの13インチで、Fキーボードがタッチパネルになっているtouch Bar付きのものにしました。

定価だと20万円を超える商品で、仕事で必要になるので絶対買わないといけないのですが、やっぱり高いなと感じます。。笑

そこで、ある方法を使って定価の実質15.7%引きを成功し、無事に購入することができました。

この割引率を利用するには2つポイントがあるので今回ご紹介したいと思います。

MacbookProを安く買うためにやる方法【ヒントはポイントサイトです】

結論としてMacbookを安く買うには以下の2点です。

Rebatesハピタスなどのポイントサイトを経由する
②Mac整備済製品を購入

上記の2点になります。多分これが一番安くなる方法だと考えてます。

Appleに勤めている知り合いがいるなら特別なプロモーションが使えるらしいのですが、今回は除きます。

ちなみに今回購入したのがこちら

TouchBarはどちらでも良かったのですが、指紋認証が欲しかったので。笑

では、流れを見ていきましょう。

①ポイントサイトを経由する

まず、ポイントサイトを経由してAppleStoreにいきましょう。

ポイントサイトとは?

商品を買ったり、レストランの予約をしたり、銀行の口座を開設するときに経由することで現金や電子マネーなどに交換ができるポイントをもらえるサイトです。

AppleStoreを対象としているのは、

Rebates(リーベイツ):楽天が運営。楽天IDがあればすぐに始められる。
ハピタス:国内人気が絶大のサイト。手数料、提携数が強み。

この2つだと思います。

ほかのサイトもありますが還元率が低く、ポイント交換の手数料が結構取られるのでこの2つのどちらかがおすすめです。

こちらを無料登録して、「AppleStore」のリンクから飛ぶだけでポイントが貰えます。

Rebatesを見るハピタスを見る

②Mac整備済製品を購入


出典:Apple

整備済製品とは?

店頭での展示製品や初期不良でメーカーに返品されたものを、Appleの品質基準にのっとって再度整備し、正規品と同等のクオリティで販売している製品

出典元:ドクター・ホームネット

製品としてはクオリティは新品同様です。なのに安いんです。

どれくらい安いかというと、今回の13インチTouchBar付きで比較すると、

(価格は税込)価格 価格差
新品214,704円
整備済製品182,520円 32,184円(-15.7%)

 

という差になります。30000円の割引があれば、パソコン周辺機器一式を揃えられますね。

なので、整備済製品で欲しい商品を見つけることができれば結構オトクかなと。

整備はしてあるものの無料で1年間の保証がついているので、なにか不具合があったときは見てもらうことができます。

すべての商品が整備済製品として販売されているわけではないので、AppleHPを確認する必要があります。

【番外編】安くなる方法:学割を使う

他に安くなる方法としてAppleは学割が使えます。

使い方として、AppleHPの下にあるメニューから「学生・教職員向けストア」を選択すれば学割適用額が表示されたページに行くことができます。

購入後、学生証の提示などが必要になりますが、Macbook Proで1万円くらい割引になるので、実際に確認してみるのがいいです。

Macbookを安く買うなら工夫が必要です

今回ご紹介した方法を使うと15%くらい安く購入することができます。

Macbookは安くない買い物だと思いますが、工夫することで少しでも手に届きやすいものになります。

中古などを購入する手段もありますが、長く使うものと考えたら新品を選ぶことがいいのかなと思います。

それは自分の予算と相談しながら決めてみてください(^^)

【今回使った方法】

Rebatesハピタスなどのポイントサイトを経由する
②Mac整備済製品を購入