セブ

セブ島に6ヶ月留学した私が未来の留学生へ教えたい8つのこと。

こんにちは。セブ島留学経験者のsima(@sima199407)です。

今回は人気の留学地、フィリピンのセブ島について話していこうと思います。
タイトルにもありますが、私SIMAは6ヶ月と3週間。計2回セブ島へ語学留学をしております。
セブ島留学の話題であれば軽く5時間は話せちゃいます。笑
そのため、友達とかにもセブ島留学に興味がある人が多く相談を受けます。その時にこんなことを聞かれます。

セブ留学の話ってよく聞くけど、実際どうなの?
治安とか、ご飯とかは日本人は大丈夫?
リゾート地だから遊んでばかりなんじゃないの?
英語力伸ばす秘訣はある?

 

なので、今回は「私が感じたセブ島のリアルと留学の成功法」を伝えられればいいかなと思います。

よく知られている内容から
あまりに語られてないことまでいろいろ語るねー

【環境の話】

日本より赤道寄りなので、温暖な地域だとということはおわかりかと思いますが、もっとセブ島全般の環境や雰囲気がわかればいいかなと思います。

治安は思ったよりはいい

ぐっど

セブ島のあるフィリピンは東南アジアに属しております。
フィリピンは日本よりも犯罪率が高いのは事実ですが、比較的に国内では比較的安全な地域だと思われます。

そもそも、危険な地域の留学が人気になることってことはないですよね。セブで知り合った友達がマニラに遊びに行ったとき酒に睡眠薬を飲まされたという話を聞いてかなり驚きましたが、セブでそのような話は聞きませんでした。

日本の安全すぎる環境に慣れていると、町中でスリに遭ったり、ストリートチルドレンに小銭をせがまれたりするので、気をつけましょう。また、セブ島は比較的安全な地域ですが、海外であることを忘れずに。イヤホンしながら歩くのは危険ですよ!

セブの海が綺麗なのは一部だけ。そして遠い。

人気留学先の一面の他にもリゾート地として人気があるセブ島ですが、
みなさんが思い描いている南の島の海というのはこんな感じだと思います。

みなみのしま

 

しかし残念なことに、
「放課後は学校から歩いてビーチへ。」みたいなことはほとんどないと思います。

ほとんどの語学学校はセブ市の中心街に集まっており、海に行くにはセブ島ではなく、空港がある”マクタン島”に行く必要があり、車で最低でも30〜40分はかかります。

また、マクタン島の海は大体がホテルのプライベートビーチになります。デイユース(日帰り)というプランを使えば「海、プール、食事付き」で1日遊べます。価格はピンキリですが、1500〜5000円には収まります。

もし、価格を抑えて海に行きたい場合は、
「パブリックビーチ」という手もありますが、あまりオススメしません。
入場料は50peso(100円くらい)で格安なのですが、全然綺麗じゃないです。日本のほうがマシです。

【留学(英語力)の話】

なぜ、セブ島に留学するかといったら、「英語力の向上」だと思います。ここを間違えると「遊学」なんて揶揄されてしまいますので、自分なりの軸を持って勉強してくれたらと思います。

英語は勉強した方がいい(留学前も)

まずはじめに英語はちゃんとやった方がいいです。留学するので当たり前のことですが、意外と出来てる人って少ない気がします。留学すると、日本から離れた環境で開放的な気持ちになってしまうんですね。

また、海外に行く=旅行みたいな感覚があるみたいで、勉強をないがしろにしがちになる人が多いです。そういった人達と絡むと、簡単に流されます。だからと言って、誰とも交流せずに、自習室にこもっているようなことはおすすめしないですね。つまりガリ勉になる必要はないのです。それで英語が出来るようになるのであれば、日本に居てもやれますよw

だから、一人で出来る勉強(基本の文法と単語)は留学に来る前にちゃっちゃとやっちゃいましょう。

漫画で復習するのは効率的でいいですよね。

あと、「発音」もやっておいた方がいいですね。発音は気にしないとなかなか上達しないので、基礎的なところだけやっておくだけで、英会話で褒められることが多くなります。

オススメは「フォニックス式」です。

留学中もYouTubeでこれだけは毎日やってました。

完璧にならなくても英語の音を染み込ませる姿勢が大事です。

遊びが一番英語力を伸ばせる

勉強は教室、自習室以外でも伸ばせるのが、語学のいいところです。

なので、友達を誘ってどんどん外に出て行った方がいいです。その時に日本人以外の人行くのがいいです。ずっと英語の練習になりますので、喋らざる得ない状況になります。

また、日本人同士で出かける時は、出来るだけ喋るように心掛けることが重要です。例えば、お店に入った時の注文は率先して行うなど、現地の人と触れ合うことがいいかもしれませんね。

また、せっかく海外にいるんですから普段行けないような場所に足を運ぶのもいいでしょう。

オススメはスキューバダイビングのライセンス取得ですね。
理由はダイバーの指示を英語で聞き取らないといけなく、本気でリスニングするので強制的に英語力が上がりますよ笑。あと、日本で取るより半額くらい安いです。

あわせて読みたい
すきゅーばーだいばー
スキューバダイビング のライセンスをセブで取る方法【2万で食事込】こんにちは。sima(@blog_of_sima)です。 今回はスキューバダイビングについて書いていこうと思います。あまり海に行くこと...

一人旅とかもいいですよね。自分で飛行機やホテルの予約をしたり、ツアーの交渉をしたり、実践的に英語が試されますよ。

あわせて読みたい
アジアナンバーワンビーチがあるボラカイを2泊3日で一人旅してみた。こんにちは。セブ島留学者のsima(@sima199407)です。 セブ島留学のときのことを書いていこうと思います。 留学中...

【国際文化の話】

留学の醍醐味は日本人以外がいる環境で勉強ができることだと思います。
その中で、日本人とは違った感覚、振る舞いを肌で感じたので、そのことをお伝えできればいいなと思います。

フィリピン人はめっちゃ陽気

一番接する機会が多いのはフィリピン人だと思います。

学校の先生に始まり、校内の食事や掃除スタッフがおり、外出ればお店の店員はほとんどが現地の人になります。

その中で、一番最初に気づくのは、みなさんかなり陽気な性格です。スーパーでレジ打ちしながら、歌い出すとかよくありますよ。笑
また、レストランとかでウェイターに絡まれることは多々あり、その中でよく聞かれるのは、

「Are you Japanese?」(日本人?)
「How long stay on Cebu ?」(どのくらいセブにいるの?)
「How was the taste?」(料理の味はどう?)

が多いです。なのである程度返答できる準備をしておくことをおすすめします。

理由は現地の人も留学生だと分かれば、練習のため会話を続けてくれることがあります。
ちなみに私は、学校の近くのカフェに通って、スタッフさんにつたない英語で喋りかけまくりました。笑

基本的にいい人が多く気軽に話しかけてはくれますが、詐欺等の犯罪に巻き込まれないように気をつけましょう。

韓国人カップルのラブラブ具合はやばい

学校内の話になりますが、初めて韓国人のカップルを見た人は驚くかもしれません。
「これでもか!」というくらいに周囲にアピールする傾向があるようで、日本人的感覚からしたら少し引いてしまうかもしれません。
逆に私達日本人が”恋人に対してドライな態度をとっている”と韓国の友達に言われました。国や文化が違えば、見方が変わることを実感した瞬間です。

お誘いは9割OKするべし

留学中に多くの知り合いができ、食事や遊びに誘われることが多くなって来ると思います。
そんなときは積極的に参加するのがベターですね。
もちろん、楽しむことが目的ですが、母国語が違う人達が集まれば、会話は英語ですることになります。
そうなると、遊びに行っている=英語の勉強をしていることになって、一石二鳥です。
また、フィリピン人の先生以外の英語を聞くことで、いろいろな国の訛りにも対応することができます。
最初は「聞き取れない」「話を理解してくれない」こともあるかと思います。しかし、2~3週間話していればある程度「あ、こういうことをいっているんだな」というのもわかってくるので、諦めずに会話をしてくれればと思います。

基本的に日本人以外はガンガン喋ります。なので”喋りすぎ”と思うくらい話すほうがいいです。(経験談)

しかし、すべてにOK出す必要はありません。行きたくないものに無理に行くことはないです。自分の軸を持っていないと簡単に流されてしまい、目的を達成できずに留学を終えてしまいます。

「大事なテストが控えている」「宿題をどうしてもやらなくてはいけない」などの優先度が高いものはしっかりやってください!断ることも大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
セブ島留学は温暖な気候と充実したアクティビティの影響で遊んでしまう留学生が多くいらっしゃいますが、少し意識すれば、英語力を上げるのは難しくありません。なぜ留学に行くのかを忘れなければ、きっと帰国後の自信につながると思います。

ぜひ、最高のセブ島留学を送ってみてはいかがでしょうか?

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
ぼすこーひー
私がセブ留学中に行きまくったカフェ「Bo’s Coffee」とは?スタバよりもいい理由とは?こんにちは。週末はカフェにこもるのが趣味のsimaです。 またまた、セブ島関連の記事になります。 今回はセブ島だけではなく、...