セブ

スキューバダイビング のライセンスをセブで取る方法【2万で食事込】

すきゅーばーだいばー

こんにちは。もんしょー(@sima199407)です。

今回はスキューバダイビングについて書いていこうと思います。

あまり海に行くことがない人も沖縄や海外の綺麗な海に行ったら潜りたいなということもあるかもしれないですよね^ ^

しかし、スキューバのライセンスの取得って意外と高いので、使う頻度が多くないと必要ないなと感じてしまう人がいると思います。

そこで今回は私が日本ではなく、海外でライセンスを取得した時の体験を書いていこうと思います!

スキューバダイビングのライセンスをセブで取る方法

セブの海
ライセンスを取りたい人
ライセンスを取りたい人
いきなり海外とか大丈夫かな?英語喋れないし不安。。

そんなことがあるかと思います。

結論から言うと「オープンレベルなら案外簡単」かなと。

日本語の教材も用意してますし、海の中ではジェスチャーが基本なのでほぼ関係ないです笑

また、世界基準で覚えておくと便利ですね(^^)

今回ライセンスを取ったのはフィリピンのセブ島でして、

セブ島と聞くとリゾート地のイメージが強いかと思います。

近年は留学生も多く滞在しており、休日にサクッと取りにいけるのがメリットです。

あわせて読みたい
セブ島に6ヶ月留学した私が未来の留学生へ教えたい8つのこと。こんにちは。セブ島留学経験者のもんしょー(@sima199407)です。 今回は人気の留学地、フィリピンのセブ島について話していこ...

スキューバーライセンスを取るきっかけは韓国人の友達

セブ島には韓国人が経営するスキューバダイビングショップが多くあります。

私の通っていた語学学校には韓国人が多かったこともあり、ある日、

「ダイビングの免許を取らないか?セブ島なら安く取ることができるんだよ。」

という誘いを受けました。

ライセンスを取るメリットは2つあります

セブ島では世界中からダイバーが集まり、このマリンブルーの海のダイビングを楽しんでおります。

また、ライセンスを取るためだけにこの地を訪れる方も多くいます。

セブ島でライセンス取るメリットについて触れていこうと思います。

とにかく安く取れる!

メリットはなんと言っても、「ライセンス取得がリーズナブル」です。

仮に日本(沖縄)でオープンウォーターライセンス(初級レベルのライセンス)を取ろうとすると、4〜5万円かかると言われてます。

一方、セブ島であれば7000PHP(約15000円)で取得できます。

約60~70%OFFですね。これだけでも十分安いです。

さらにこの費用には以下が含まれます。

・宿泊先からの送迎
・お昼ご飯
・ライセンス発行料

個人的には送迎がついているのが嬉しいですね。セブ島、正確にはマクタン島に多くのダイビングスクールがあるのですが、タクシーが中心部ほど通っていないので、とても助かります。

私の日本人の友達は上記に加えて夕食と宿も用意してもらったそうです!!

とにかく、日本よりは安くライセンスを取れることが分かります。

海がキレイ!

これもメリットとしてあげておきます。

日本の海(沖縄等を除く)はそこまできれいな海ではないかと思います。

東南アジアの有数のリゾート地である、セブの海を堪能しながらダイビングをすれば、きっと楽しいと思います。

ライセンス講習の内容と感想

スキューバダイビングの2大団体について

今回はNAUIのスクーバダイバーのライセンス取得をしました。


スキューバライセンスの団体は色々ありますが、2大勢力として「NAUI(ナウイ)」と「PADI(パディ)」があります。

どちらも世界各国で使用できるライセンスになります。PADIがライセンス業界で規模が一番大きいです。しかし、NAUIがダメというわけではないので、どのライセンスでも基本的にオッケーです。

実際に使ったダイビングショップ

友達が韓国人だったので、韓国経営の「Rock dive」という所に行きました。

オーナーが真っ黒に焼けた肌が特徴の「Rock」さん。

The 海が似合う男でした。笑

ダイビングレッスンの中身

初級クラスのスキューバダイバーなら受講期間は2日間で取得できます。

まず、お昼ご飯を食べてから座学の講習が始まりました。最初に2手に分かれて韓国人はショップオーナーが韓国語で話してくれるグループとそれ以外のグループになりました。

日本人の私は日本語の教材ビデオを観てスキューバの基礎を学びました。また、教科書を貰うのですが、そちらも日本語版があるので安心してください(*´-`)

それが終わるといよいよ、海に。。。というわけではなく、まず練習用のプールで基本動作を学びます。耳抜きや水中でのサインとかです。

次にやっと海に入ります。機材が重いので、海まで数メートルなのですが、これがキツイですね笑

(こんな感じで練習してました。)

この実技の時間は韓国語と英語で話されますが、英語だけ聞いていればオッケーです。

英語のレベルはどのくらい必要?

 

基本的に中学生レベルの英語ですので、ここの壁を超えていただければ幸いです。まあ、ジェスチャーもやってくれるので、理解はしやすいかと思います。

ちなみに耳抜きは「equalizing(エコライジング)」です!

ダイビング講習終了後

無事に2日間の講習が終わると数日後にはライセンスカードをいただけます。私の場合韓国人の友達がいつの間にか貰ってきてくれたので、詳しい経緯は分かりません。笑

もし、帰国してしまうなら国際便で発送していただけるかと思います。

さいごに

今回、海外でスキューバライセンスを取って思ったのは、今後海外で潜りたいと思った時に始めから英語ベースで学んでおいて良かったなと。

日本人インストラクターであれば、安心感はありますが、基本的にはどの国でも変わらないと思うので、それだったら日本の半額以下で取得できたことは非常にコスパがいいと感じました。

皆さんもぜひ、旅行や留学のついでにセブ島でスキューバライセンスを取ってみませんか?

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。